報告書の書き方で大切な事

報告書の書き方で、一番大切な中身の書き方は、

1:報告する明確な結果
2:それが何故起きたかと言う分析
3:それをどうするか、どうしたいかと言う自分の考え

ココまでシッカリ書けたらカンペキな報告書になるでしょう。


報告書の書き方の基本です。


この、報告書の核となる中身をいかに簡潔に分かり易く書けるか
という事が良い報告書を作るカギとなってきます。


更に簡潔に言うと、
『正確な情報』と『それをどうするか』を書く事が、
良い報告書の書き方なのです。


報告書の書き方として、ビジネスマナーはモチロン忘れては
いけない事ですが、
そこばかりに気を取られていては、良い報告書は書けないし、
良い報告書の書き方とは言えないでしょう。


最後にもう1つ。

報告書は、相手に報告するための書(書類)です。


そして、報告は早く提出するに越した事はありません。


報告書は、1日も早く相手に提出する事もとても大切です。


報告書の書き方で、悩んでいる時間はありません。


報告書の書き方で、利用出来る部分は、どんどん利用して、
そして1日も早く報告書を提出しましょう。


これが、基本だけど究極の報告書の書き方ですね。。。