報告書の書き方は読み手を考える

報告書の書き方は、一言で報告書の書き方と言っても、
そのシツエーションによって、実に様々です。


例えば・・・、
・事故報告書の書き方
・研修報告書の書き方
・会計報告書の書き方
・業務報告書の書き方
・出張報告書の書き方
・決算報告書の書き方

などなど、ざっと考えただけでもこんなに出てきます。


どう考えても、これらの違うシツエーションの報告書を
1つの例のみの書き方で片付ける事は不可能です。


では、どういう報告書の書き方が、良い報告書の書き方と
言えるのでしょうか。


本当に良い報告書の書き方とは、その報告書を読んだ人間が
、書いた人間に質問することなく、判を押せるような報告書ではないでしょうか。


そういう報告書の書き方をすれば良い訳です。


文章量や資料などのボリュームでごまかすような
報告書の書き方は、決してオススメ出来ません。

それどころか、そういった報告書の書き方はナンセンスです。


ほぼ間違いなく、読み手はその報告者について質問をしてくる事になるでしょう。


お互いの大切な時間を失う事になります。


読み手も人間です。。。


読み手の気持ちを察して、読みやすい書き方をするのが
本当に良い報告書の書き方となります。


基本は、ソコです!


読み手の気持ちになって、読み手が求めている事を、
簡潔に分かりやすく書く事が良い報告書の書き方となるのです。